東京競馬が降雪により7年ぶりの中止 | 中央競馬研究者の今日の競馬ニュース

中央競馬研究者の今日の競馬ニュース

競馬で勝つなら情報収集が必要です。 日々の競馬ニュースから見えてくるものとは?

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中央競馬研究者の今日の競馬ニュースTOP▲

| スポンサー広告 | --:-- | TOP↑

≫ EDIT

東京競馬が降雪により7年ぶりの中止

東京競馬大雪で中止、4日に代替開催
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080204-00000001-nks-horse

凄い雪・・・。東京競馬場も大雪のためになんと7年ぶりに中止・延期となった。この7年前の東京競馬の中止の際、翌日の月曜日に代替開催され、その日に東京競馬場に言ったのを良く覚えている。ダートの1400m・G3『根岸ステークス』だった。ブロードアピールという8歳牝馬がホクトベガを思わせるくらいの強さを見せ付けていたため、軸に買ったが3着だったと記憶している。
それと雪が降り、中止とは行かないまでも芝が傷むのでレースがダート戦になるということは何度かあった。記憶に残っているのが1998年、東京芝1800m・G3『共同通信杯』も前日の大雪により突然ダートに変わった。かわいそうなのはダートのレースを走ったことが無い馬が何頭かいたこと。そんな競走馬たちはアンラッキーとしかいえない。勝ったのはかのエルコンドルパサー。エルコンドルパサーは共同通信杯の前はすべてダートだったので全く問題なし。たとえ芝だったとしても楽勝だったことは間違いないので、一番不運なのは同じレースにエルコンドルパサーが出ていたこと、なのかも知れない。
スポンサーサイト

中央競馬研究者の今日の競馬ニュースTOP▲

| 競馬予想 | 09:59 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。