カネヒキリが再び屈腱炎を発症 | 中央競馬研究者の今日の競馬ニュース

中央競馬研究者の今日の競馬ニュース

競馬で勝つなら情報収集が必要です。 日々の競馬ニュースから見えてくるものとは?

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中央競馬研究者の今日の競馬ニュースTOP▲

| スポンサー広告 | --:-- | TOP↑

≫ EDIT

カネヒキリが再び屈腱炎を発症

G1、フェブラリーステークス、ジャパンカップダートを制し、2005年の最優秀ダート馬に選出されたダート界のスターホース、カネヒキリ。そのカネヒキリは2006年6月の帝王賞2着後に右前浅屈腱炎を発症、戦列復帰に向けて治療に専念してきた。9月になって栗東に帰厩し、調整を開始した矢先に再び同じ右前浅屈腱炎を発症。全治9ヶ月との診断だ。
ディープインパクト引退以降、スターホース不在の競馬界に残された一つの光がカネヒキリだったが、またも1年以上のブランクが。競走馬の不治の病といわれる屈腱炎は数々の名馬を蝕んでいく・・・。屈腱炎で引退した競走馬は数知れず、名馬ほどこの病にかかることが多い。記憶に新しいアグネスタキオンやタニノギムレット、クロフネなどの「これから!」という名馬の競走生命を奪う恐ろしい病。馬インフルエンザ以上に厄介な存在といえるだろう。
スポンサーサイト

中央競馬研究者の今日の競馬ニュースTOP▲

| 競馬ニュース | 10:34 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。