札幌記念は9月2日の9R | 中央競馬研究者の今日の競馬ニュース

中央競馬研究者の今日の競馬ニュース

競馬で勝つなら情報収集が必要です。 日々の競馬ニュースから見えてくるものとは?

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中央競馬研究者の今日の競馬ニュースTOP▲

| スポンサー広告 | --:-- | TOP↑

≫ EDIT

札幌記念は9月2日の9R

アドマイヤフジ“うっぷん晴らすゾ”
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070827-00000026-dal-horse

北の大地の夏の大イベントG2「札幌記念」は馬インフルエンザの影響で、9月2日に順延となった。待ち焦がれた北海道の競馬ファンの為に9月になるものの夏のプレゼントが遅れてやってくる。
昨年の日経新春杯(G2)以来勝利から遠ざかっているアドマイヤフジ。しかし近走では3着・4着・4着と復調の兆しが見えてきている。しかし見ようによっては「善走馬」。この札幌記念はアドマイヤフジにとって一つの試金石になるであろう。
JRAというより日本全国、オーストラリアまで巻き込んでいる馬インフルエンザ騒動の中、順延となった札幌記念出走予定のアドマイヤフジだが、調整は順調の様子。先週の新潟記念(G3)への出走も考えていたが、強行輸送よりも中2週間の調整を選択した。この札幌記念への出走が吉とでれば2つ目の重賞タイトル奪取だけでなく、秋のG1戦線でも主役を狙える。
「いったん仕上げた後に、もう一度仕上げ直す作業をするのは難しい」と調教助手は語ったが、アドマイヤフジは見事に調整が上手くいった様子だ。近年まれに見るハイレベルの宝塚記念で4着し、その勢いそのままに1番人気に支持された前走の函館記念。しかし伸びきれず4着と「馬場なのか、展開なのか敗因がつかめない」といわれているようにムラっけがネックになるだろう。この札幌記念をスパッと勝利して一連のJRAの騒動によるドタバタ劇に幕を下ろしてもらいたい。

スポンサーサイト

中央競馬研究者の今日の競馬ニュースTOP▲

| 競馬ニュース | 15:54 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。