中央競馬研究者の今日の競馬ニュース

中央競馬研究者の今日の競馬ニュース

競馬で勝つなら情報収集が必要です。 日々の競馬ニュースから見えてくるものとは?

2007年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年09月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | TOP↑

≫ EDIT

札幌記念は9月2日の9R

アドマイヤフジ“うっぷん晴らすゾ”
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070827-00000026-dal-horse

北の大地の夏の大イベントG2「札幌記念」は馬インフルエンザの影響で、9月2日に順延となった。待ち焦がれた北海道の競馬ファンの為に9月になるものの夏のプレゼントが遅れてやってくる。
昨年の日経新春杯(G2)以来勝利から遠ざかっているアドマイヤフジ。しかし近走では3着・4着・4着と復調の兆しが見えてきている。しかし見ようによっては「善走馬」。この札幌記念はアドマイヤフジにとって一つの試金石になるであろう。
JRAというより日本全国、オーストラリアまで巻き込んでいる馬インフルエンザ騒動の中、順延となった札幌記念出走予定のアドマイヤフジだが、調整は順調の様子。先週の新潟記念(G3)への出走も考えていたが、強行輸送よりも中2週間の調整を選択した。この札幌記念への出走が吉とでれば2つ目の重賞タイトル奪取だけでなく、秋のG1戦線でも主役を狙える。
「いったん仕上げた後に、もう一度仕上げ直す作業をするのは難しい」と調教助手は語ったが、アドマイヤフジは見事に調整が上手くいった様子だ。近年まれに見るハイレベルの宝塚記念で4着し、その勢いそのままに1番人気に支持された前走の函館記念。しかし伸びきれず4着と「馬場なのか、展開なのか敗因がつかめない」といわれているようにムラっけがネックになるだろう。この札幌記念をスパッと勝利して一連のJRAの騒動によるドタバタ劇に幕を下ろしてもらいたい。

スポンサーサイト

| 競馬ニュース | 15:54 | TOP↑

≫ EDIT

馬インフルエンザの中、JRA競馬開催が再開

馬インフル 中央競馬が再開…新潟、小倉、札幌
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070825-00000021-maip-soci

今日は全国的に天気もよく絶好の競馬日和。とはいえ猛威を振るっている馬インフルエンザの勢いは衰えず・・・。日本のエース格、メイショウサムソンも凱旋門賞断念後、いまだ馬インフルエンザの検査で陽性のままとのこと。
しかしJRAはファンを優先?売上げを優先?してか開催中止に追い込まれていたJRAの三開催(新潟、小倉、札幌)を再開させた。札幌記念などのレースは来週以降に延期(札幌記念は9/2予定)し、予定通りのレースを開催した。
新潟競馬場では25日、26日に出馬投票し約500頭に対して馬インフルエンザの検査を行ったところ、17頭もの競走馬から陽性反応が出た。レースを見ていたところ、とても元気そうではあったが、この開催によってまた馬インフルエンザが猛威を振るわないか、不安は残る。

| 競馬ニュース | 18:45 | TOP↑

≫ EDIT

メイショウサムソン 凱旋門賞断念

メイショウサムソンにフランスからラブコール
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070819-00000031-dal-horse

 馬インフルエンザに感染したメイショウサムソン。前哨戦に予定していたフォア賞に出走できないこと、ぶっつけで凱旋門賞へと向かうことへの危惧から、メイショウサムソンの凱旋門賞挑戦は断念することになった。
 凱旋門賞の行われるフランスからはラブコールが届いた。凱旋門賞断念を決めたメイショウサムソン、その夜、美浦トレセンでサムソンに付き添う高橋助手の元に一報が届いた。「JRAの貿易課から連絡があったんです。フランス競馬統括機関のフランスギャロは“何で来ないんだ。ぜひ来てくれ”と言ってくれていると」・・・。
 メイショウサムソンは元気だ。馬インフルエンザに感染しているとはいえ、発症はしていない。帯同馬のメイショウレッドは陰性となった。恐らくあと数日でサムソンも。渡仏への“障害”は消えつつあるが高橋成師の意思は変わらない。「計画に狂いが生じたのは確かだから。それに国内が馬インフルエンザ騒動で大変な時に、抜けていくのもどうかという気持ちもある。検査で陰性が出れば、栗東に戻したい」。秋は国内に専念。メイショウサムソンの指揮官の気持ちは既に切り替わっている。

| 競馬ニュース | 13:17 | TOP↑

≫ EDIT

JRA全競馬場・コース完全解析/コースの鬼!2nd Edition

 馬インフルエンザの影響で、JRAのみならず地方競馬にも影響がでている。早く再開してもらわないと・・・。
 競馬を研究すると血統や馬体、調教などにも行き着くが、もう一つコースという点も考慮し始める。そういったことも予想に入れていくと競馬予想屋としての説得力もでたりする。あたらしい競馬の視点を身に付けるためにもコースを分析するのもオススメ。

JRA全競馬場・コース完全解析/コースの鬼!2nd Edition
城崎 哲

★★★★★
予想時必携!
最初にパチンコ台と競馬場を比較し、なぜコースを知ることが重要か教えてくれる。そのくだりは短いけれど中々説得力がある。今までの予想本とは全く違って科学的であり、かつ筆者が実際に馬場造園課長にテッチ奉公して書いた本なので信頼もおける。
単なる出目のような統計本ではなく、展開の妙まで細かく記述しているのがこの本の真骨頂。ぜひ、読んで当たり馬券を増やしてもらいたい。(馬券検討にはかかせなくなる。)
値段が高いが、決して損はしない。ただ、大きいので競馬場には持っていけないのが難点。

★★★★☆
JRA全競馬場・コース完全解析/コースの鬼!2ndEdition
こんなに細かく書いてあるとは期待していませんでした。枠による有利不利はもちろんのこと開催回数毎の馬場状態の注意点まで網羅されてるとは。初心者からの脱皮を考えている人の入門書として最適ですね。おかげをもちまして競馬に対する視点が増えました。開催が変わる毎にチェックしていきます。

★★★★★
競馬ファンのバイブルになります
競馬場のデータをここまで細かに書いてある本は他には無いです。データは当然「過去」のものですが、それを未来に生かす事ができるはずです。値段は高いですが、研究して勝ち組になれば元は取れます!!
>>もっと詳細を見る

| 競馬本 | 05:42 | TOP↑

≫ EDIT

馬インフルエンザ 地方競馬にも飛び火

大井競馬も中止=インフルエンザ地方に飛び火
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070818-00000071-jij-spo

 馬インフルエンザの猛威による競馬中止は中央競馬にとどまらなかった。大井競馬場で在厩している競走馬1頭に馬インフルエンザの症状があったため、8月18日の第9回大井競馬第3日を中止。日本中央競馬会(JRA)所属馬のインフルエンザ感染が地方所属馬に飛び火した。
 地方競馬では、JRAから北海道・旭川に移籍した馬からもウイルスが検出されている。JRAは18、19日に3競馬場で予定していた開催をすべて中止し、再開のめどは立っていない。今回の感染拡大で地方競馬の中止は大井が最初となった。また熊本県荒尾競馬場で8月28日に行われる予定だった中央競馬所属馬の出走可能(指定交流競走)な霧島賞も中止とのこと。

| 競馬ニュース | 16:12 | TOP↑

≫ EDIT

馬インフルエンザの猛威!メイショウサムソンも感染

全国で競馬中止「馬インフルは拡大傾向」…JRAが会見
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070817-00000311-yom-spo

 日本中央競馬会(JRA)は馬インフルエンザの感染拡大により、18、19日の競馬開催を全面中止にすると発表した。札幌・新潟・小倉開催の全てが中止。札幌競馬場の最大のイベント、札幌記念も中止となった。今後の日程や再開時期などについても未定の状況だ。

 そしてなんといっても凱旋門賞挑戦の為に美浦入りしていたメイショウサムソンが、インフルエンザ検査に陽性反応。感染していることが判明した。これによって挑戦は即中止とはならないが、フランス側が受け入れてくれない可能性が非常に高い。ウオッカに続いてメイショウサムソンも出走回避の可能性が高まってきた。

| 競馬ニュース | 02:03 | TOP↑

≫ EDIT

メイショウサムソン凱旋門挑戦へ美浦入り

サムソン凱旋門挑戦へ美浦入り
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070816-00000001-nks-horse

 10月7日、フランスのロンシャン競馬場にて行われる世界最高峰のレース、国際G1 凱旋門賞に出走するメイショウサムソン(牡4)が美浦の輸出検疫厩舎に入厩。この後一週間の輸出のための検疫が行われ、8月22日に成田空港からフランスへ旅立つ。
 8月16日からさっそく美浦での調整を開始予定。フランスでの騎乗騎手、武豊騎手が美浦で調教に騎乗する可能性もある。ディープインパクトでも勝てなかった凱旋門賞。世界の壁を肌で感じ取っている武豊騎手。はやる気持ちがあるのかもしれない。メイショウサムソンの挑戦が本格的に始まった。

| 競馬ニュース | 11:31 | TOP↑

≫ EDIT

三冠馬ディープインパクト強さの秘密

 未だにディープインパクト。競馬好きの私の脳裏に焼きついているのはディープインパクトの引退レース、有馬記念での第3コーナーからのまくり。
 実況者などがよく言う「次元の違う走り」というものはあのディープの走りのことを言うのだと本気で考えた。武豊お得意の最高峰からのまくり。あれほどにしっくりはまったのも初めてかもしれない。
ディープインパクトのインパクト。まだまだ語り続けられていくと思う。

三冠馬ディープインパクト強さの秘密―100分でわかる!
NHK取材班

おすすめ度 ★★★★★

>>もっと詳細を見る


| 競馬本 | 03:42 | TOP↑

≫ EDIT

馬産地80話―日高から見た日本競馬

 競馬の競走馬は、調教師が生産するわけでも、馬主が直接生産するわけでもありません。サラブレッド専門の生産者がいるわけです。競馬は馬がいて、生産者や調教師、騎手などたくさんの人たちがかかわって成り立っているものです。
 競馬ファンなら馬券の数字ばかり追うのではなく、どうやって生まれてきたのか?といったバックボーンのストーリも知っているとさらに競馬が楽しく見られると思います。

馬産地80話―日高から見た日本競馬
岩崎 徹

>>もっと詳細を見る


| 競馬本 | 01:49 | TOP↑

≫ EDIT

馬券偽造師

最近はPATやI-PATの普及で競馬は携帯電話やインターネットでするようになりました。でもたまに競馬場に行って目の前で競馬を見るとやっぱり馬がすきなんだなぁと思ってしまいます。
 最終レースが終わると人もすぐにはけ、おでんや焼き鳥などの店も閉まって、突然のしじまがやってくる・・・残るのは地面に積もった新聞とハズレ馬券の紙ふぶき。
 その大量のハズレ馬券を見るたびに思う。「・・・これが当たり馬券だったらなぁ」と。拾ってみるのはハズカシさもあり手が出ないが、そんな空想をすることはあるでしょう。
 そんなハズレ馬券を当たり馬券に換えてしまうという画期的な方法をつづった本がありました。とはいえもちろん犯罪なのでご注意を。

馬券偽造師
中山 兼治

おすすめ度 ★★★★★


想像を超える技術と感覚
馬券を偽造していた本人自らが語っているのですが、書かれているすべてが想像を超えるもので驚かされます。

ミクロの世界での気の遠くなるような作業、この作業から鍛えられた異常とも思える感覚、そしてそれらの偽造馬券を使って引き出した金額、競馬に興味がない人にはピンと来ないかもしれませんが、その執念と技術には犯罪とわかっていても感心してしまいます.

また、取り調べの様子や刑務所内の生活、待遇など、あまり目にできないエピソードも書かれていますし、JRAのお役所的な対応がいかにもで興味をそそられます.

冗長だったり、重複など引っかかるところもありますが、プロの作家さんではありませんし、むしろリアルでよいと思います、また、ドキュメント調で小見出しが多く、流れが掴みやすいのもよいです。

★★★★★
面白かった。
徐々に警察の包囲とおとり捜査の予感を意識しながら「なぜ換金できなかったか」その原因を知りたくて危険な空気を直感しつつも危ない現場に踏み込んでしまい逮捕されるところが最高に面白かった。ノンフィクションだけに読みながら入り込めて実に面白い。

★★★★☆
犯罪か?芸術か?
馬券の開催日を削り落とし、書き換えることで馬券を偽造し「夢馬券」(偽造当たり馬券)の制作に取り組んだ作者のノンフィクション作品。

あまりノンフィクションの作品は読まないのだが、この話はすんなり読めるし、競馬の好きな私には世の中にはこのような人もいると関心?!した。
馬券の日付を削り取った場所に一ミリ四方ドットを64個、13ミリ×6ミリの日付の文字を完成するのに約5000個のドットを打ち込んでいくと、指先の感覚がとぎすまされ、指先で馬券の印刷されたインクの厚さや、すかしのざらつきまで感じるようになる・・・馬券の製造場面は鬼気迫るものであった。>>もっと詳細を見る


| 競馬本 | 00:01 | TOP↑

≫ EDIT

競走馬の悲劇

開催競馬・主な出来事
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070812-00000023-kiba-horse

1週の開催の中でも、無事に帰れない競走馬もいる。例えば8月11日、12日の2日間だけ見ても、下記のような故障馬や、予後不良になる馬もいる。


8月11日(土)

・新潟10R【競走中止】
 1番サジターリオ(中舘英二騎手)は、他の馬に関係なく馬体に故障を発症し、最後の直線走路で競走を中止した。
馬:左前浅屈腱不全断裂 ※競走能力喪失
騎手:異状なし

・小倉3R【競走中止】
 5番ゲイリーマスター(佐久間寛志騎手)は、2周目1号障害着地時に他の馬に関係なくつまずいて転倒したため、競走を中止した。
馬:右第3中足骨開放骨折 ※予後不良
騎手:左橈骨遠位部骨折

8月12日(日)
・新潟5R【競走中止】
 9番スリーダンシング(北沢伸也騎手)は、8号障害着地時に他の馬に関係なく転倒し、競走を中止した。また、3番シルクサラマンダー(高野和馬騎手)は、先に転倒したスリーダンシングに触れて騎手が落馬し、競走を中止した。

9番
馬:右肋骨々折並びに肺破裂 ※死亡
騎手:異状なし
3番
馬:異状なし
騎手:左上腕打撲・左肘部擦過傷

・新潟7R【疾病発症】
 15番グラマラススカイ号(木幡初広騎手)は、競走中に左手根骨粉砕骨折(※予後不良)を発症した。

・新潟12R【競走中止】
 14番ベローチェ(松岡正海騎手)は、5番エクロジオン号に触れて騎手が落馬し、競走を中止した。
馬:異状なし
騎手:額部・左肩・上腕・臀部打撲

・札幌5R【疾病発症】
 12番マルマツフェロー(黛弘人騎手)は、競走中に右前浅屈腱不全断裂を発症した。


こういうのを見てしまうと、競走馬は結果だけの世界という厳しい現実を目の当たりにしてしまう。それでも競馬がなくならないのはファンが多いから。でもこういった競走馬がいることも忘れてはならない。

怪我をした馬は一日も早い復帰を、予後不良となった馬は心から冥福をお祈りしたい。

| 競馬ニュース | 04:41 | TOP↑

≫ EDIT

JRA競馬ファンに朗報

払戻金、一部5%増へ=08年から売り上げを還元-JRA
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070810-00000018-jij-spo

 競馬ファンに朗報だ。JRAは2008年から複数のレースで馬券売り上げの5%を上限にした金額を、的中者が手にする払戻金に上乗せしてファンに還元する新たな制度の導入を明らかにした。
 複数のレースというのはファンの関心が高い、集客の良い日本ダービーなどのG1クラスのレースのこと。馬券の売り上げが下がり続けているJRとしてはこの新制度を検討。2008年から試験的に導入するようだ。
 5%の上乗せは現在、馬券の売り上げの75%を馬券的中者に還元しているが、これが80%になるということ(単・複勝は85%)。全レースに適応して欲しいところだが、ファンを増やす意味では、たまにやるから集まるのかもしれない。

| 競馬ニュース | 20:07 | TOP↑

≫ EDIT

アドマイヤムーンがモハメド殿下の元に

アドマイヤムーン、40億円で売買完了
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070809-00000192-jij-spo

 JRAは、アドマイヤムーンの所有権が近藤利一、吉田勝己両氏からダーレー・ジャパン・ファーム有限会社(本店・北海道日高町)に移ったと発表した。ダーレージャパンはJRA所属の最初の競走馬として、アドマイヤムーンを選んだのだ。
ダーレージャパンはご存知、アラブ首長国連邦(UAE)のゴドルフィンの関連会社だ。モハメド殿下の触手が日本にまで伸びてきた・・・
 しかもアドマイヤムーンの購入になんと40億円もの巨費を投じた。採算性などの計算はしていないであろう。JRAへの進出が本気であることを強烈にアピールするのが目的と考えられる。

| 競馬ニュース | 21:00 | TOP↑

≫ EDIT

夏の大井で盛り上がる

黒潮盃、ロイヤルボスなどが登録
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070808-00000007-kiba-horse

 ウオッカが正式に凱旋門賞の出走を取り消した・・・中央競馬のみならず日本競馬界にとっての大イベントとなるはずだったウオッカの凱旋門賞参戦。
 非常に残念だが、そういえばメイショウサムソンも出るんでしたっけ。がんばって欲しいものです・・・。

 夏は大井の夜が熱い!実際に暑いし。
8月15日に大井競馬場で行われる黒潮盃(南関東G2 ダート1800m)の登録馬が発表された。登録馬は以下の通り。夏はトゥインクルで盛り上がりましょう!

・イーグルショウ
・イチモンジ
・クールヴォイス
・ゲットアライフ
・コピエドリーム
・コマシンビクトリー
・ゴッドプロスパー
・ジェイドロボス
・ソーニャドール
・チェレブラーレ
・トミノダンディ
・ニシキコンコルド
・パルパディア
・ブルーホーク
・ブレイブスピリット
・ベルモントオメガ
・マルヨフェニックス
・ロイヤルボス

| 競馬ニュース | 04:26 | TOP↑

≫ EDIT

なぜ血統なのか「儲かるからだ!」―水上学の実戦血闘馬券術シュボババ!

 「エアグルーヴが牝馬にして天皇賞(秋)を快勝したのは、父親がトニービンだからだ。」と競馬仲間は古い話を今もいう。要するに血統は馬券購入に大きく影響するものだということが言いたいらしい。

 確かにそれは事実。血統買いというのは特に若い産駒に効果がある。距離適正やコース適正、ダート適正などは血統によるものがものすごく大きい。“競馬は血のスポーツ”とはよく言ったもの。

なぜ血統なのか「儲かるからだ!」―水上学の実戦血闘馬券術シュボババ!
水上 学


★★★★★
血統をパズルのように利用する画期的な馬券術
血統についての知識を馬券に活かすことのできる画期的な馬券術。
いくら血統に詳しくても馬券に活かせるかどうかは使い方次第。
本書の「シュボババ」を使うと血統を簡便に馬券に活かすことができて、
しかも穴馬券に有効です。スピード指数では理解できないレースも
シュボババでは本線的中ということも多く、予想に行き詰まりを
感じている馬券ファンは一読して損はないです。

★★★★★
使える血統馬券術
馬券で勝つためには自分のスタイルを確立する必要がある。
データであったり調教であったり、自分の信じられる攻略法を
噛み砕きつつ実践し、自分のオリジナルにしていく。
そんな攻略における一つの切り口を示してくれる本だ。
血統がどのように馬券に活かせるかをこれでもか、というくらいに

解説してくれている。本書にも記載されているが、まさに血統馬券術の
"参考書"である。
血統になじみのない人でも、丁寧に解説してくれているので入門として
も利用価値が高いと思う。
また、予想する際に自分の軸というものを持たずに毎週負けている人にも、まずはここからスタイルを、といった本ではないだろうか。

★★★★☆
血統馬券実践法
巻末のサイアーラインのページで、各種牡馬ごとに掲載ページが記されているのがとても便利です。毎週レースの度に、出走馬の種牡馬をそこから逆引きして、適性や特徴をつかんでいます。この本を、最初から最後まで通し読みするのもいいですが、実際のレースと照らしあわせていくほうが、分かり易いし、実践的な気がします。血統初心者は、この本だけでは、少し難しいと思うので種牡馬事典も用意したほうが、頭に入り易いと思います。近いうちにきっと、競馬新聞の印に頼らない、自分の予想スタンスが確立できると思います。

★★★★☆
読み物として面白い
フジテレビ739の「競馬予想TV」やGCの「先週の結果分析」、赤本での新種牡馬ザグレブ推奨でおなじみ、水上学氏の初めての本。

基本は「最強の法則」で連載の「シュボババ」理論であるが、その前提知識として各系統の水上氏定義による特徴がかなり多く説明されている。他にも、コース傾向からそれに向いた系統や種牡馬の紹介やPOG向きの種牡馬を紹介している。前書きに書いてあるが、教科書と言うよりは血統の参考書といった感じ。

 表などが少なく拾い読みしにくい、サイヤーラインが巻末にあってもそれが本文へリンクしないため、データ本的使い方ができない。一通り読まないと使いにくいのが難点。

競馬予想TVなどで水上氏の意見を参考にしている方は必携。穴傾向の人も目を通すとよさそう。

>>もっと詳細を見る

≫ Read More

| 競馬本 | 04:20 | TOP↑

≫ EDIT

競馬「ここ」に騙されるな!―飛ぶ人気馬の謎・来る穴馬の秘密

 競馬の勝馬投票券を買うとき、特に穴党と呼ばれる人は、「このレースは一番人気が飛ぶかどうか?」で馬を選ぶことが多い。一番人気が実力でなく、ただの「人気だけ馬」であるかどうかや、好・不調の波を読み取れるかどうかと言うスキルは、競馬で勝てるかどうかの大きなファクターになることは間違いない。

競馬「ここ」に騙されるな!―飛ぶ人気馬の謎・来る穴馬の秘密
橋浜 保子
★★★★★
わかりやすいです☆
写真が多くてとても分かりやすいです。
競馬を最近始めた方などにはうってつけだと思います。
ひとつひとつの説明が、丁寧で最近の馬を使って説明してあるのも
ありいい本だと思います。
買って後悔なしでした。

★★★★★
わかったつもりで今までわからなかったことが氷解
競馬予想TVで常に高い的中率を誇る橋浜氏の本。
馬の見方を馬体から脚元、馬具などを細かく解説している。
150頁ほどだがほとんどのページに写真が載っていて、かといって写真だけで終始するわけでなく事細かに解説文も掲載されている。

 馬具に関しては一般ファンにも有名なブリンカーから、最近有名になったチークピーシズやホライゾネット、存在を知っていたが名前を知らなかったネックストラップなどの細かいものまで、写真と着用効果、悪影響を及ぼしている場合の見分け方などを解説している。

 馬体の見方についても、トモ、脚元、繋ぎ、顔つき、蹄など写真付きで解説。全部を覚えるのはさすがにきついが、危ない人気馬をパドックで見つけるには格好の資料となる。

 普通のファンでこの書に載っている知識を持ちあわせている人はなかなかいないはず。競馬場に行って予想するパドック派はもちろん、テレビのパドック解説がわかりにくい人は必読。また、一口をやっている人も参考になると思う。
★★★★☆
競馬のトリビアの泉?
 馬の写真が多く掲載されていたので購入しましたが内容的には「へぇ~」と唸る競馬の知識が満載でした?。

 競馬新聞でよく見る、ソエとかハミとか良くわからない事も丁寧に解説されていたので、競馬初心者にもいいんじゃないかな?と思います。あと、共同馬主で出資している方にも、お薦めですね。僕も、出資していますが、会報に書いてある脚元の状態とか、良くわからない言葉が多いですからね。
★★★★★
こんな本を待っていた!
競馬予想TV!でおなじみの美人予想家”橋浜保子”さんの単行本。
カラーページ・写真が多く使われていて
パドックで馬を見るポイントや、馬の状態の把握方法が
読みながらイメージできるので素直にありがたい。
とくに馬具といわれる馬の装着物や、
脚元の状態で来る・飛ぶがわかるのには驚いた。
JRDBでの今後の活躍にも期待したい。

>>もっと詳細を見る


≫ Read More

| 競馬本 | 01:27 | TOP↑

≫ EDIT

ウオッカが遠征断念?!

ウオッカ、脚部不安で遠征断念か
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070807-00000003-kiba-horse

 競馬ファンにとって、訃報に近いニュースが飛び込んできた。
 今年のダービー馬、ウオッカ(3歳・牝)が蹄球炎を発症し15日に予定されていた美浦トレセン入り(検疫のため)を延期することがわかった。これによって今後のローテーションに大きく狂いが出てくることは間違いなさそう。今後ウオッカはぶっつけで凱旋門賞へ、ということも考えられるが、前哨戦の予定は今のところ白紙になってしまった模様。

| 競馬ニュース | 01:21 | TOP↑

2007年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年09月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。