中央競馬研究者の今日の競馬ニュース

中央競馬研究者の今日の競馬ニュース

競馬で勝つなら情報収集が必要です。 日々の競馬ニュースから見えてくるものとは?

2007年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年08月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | TOP↑

≫ EDIT

ディープインパクト―無敗の三冠馬の真実

 スターホース不在の時代。無敗の三冠馬『ディープインパクト』の引退は、JRAのみならず競馬界全体に影を落としたといっても過言ではないだろう。
 競馬ファンたちの脳裏にはディープインパクトの勇姿が焼きついている。そのため「強い馬」かどうかを考えると、全てディープインパクトを基準にしてしまうのかもしれない。
 スターホースが現れるとき、それはディープインパクトを越える競走馬が誕生するときかもしれない。

ディープインパクト―無敗の三冠馬の真実
島田 明宏

優駿を文章で!

今後ディープインパクトという名は映画よりこの馬の名前として語り継がれるだろう。無敗の三冠とはそういうものである。
我々の時代の記憶とともに生き続ける。
そういうものを3歳の馬が作ってくれたのだ。
そしてどうしてもその馬のことを知りたくなった。
ちょうど本書が出た。きっと写真集なども出るだろうが、まずはすでに名馬になったこの馬のことを身近な人間たちの声とともに文字で読み知ることは大切だと思う。

ただし、著者がもっと自分の感じたことを遠慮なくドンドン入れてもよかったのではないかな、と思う。なぜなら著者自身もこの馬のナマの目撃者だからだ。そこが多少残念ではある。


丹念な取材で振り返る無敗の3冠馬のノンフィクション
 「武豊の瞬間」など競馬ライターとしても著名な著者ですが、本書は無敗の3冠馬となったディープインパクトについて、生産牧場時代、池江厩舎に入ってから現在に至るまでを丹念な取材で振り返るノンフィクションです。丁寧な取材を伺える内容で、競馬雑誌などでもディープインパクトについての生い立ちは多く書かれてきているだけに、新鮮味はそれほど感じませんでしたが、関係者しか知りえないエピソードなども多く、競馬ファンなら読んで損のない内容です。

>>もっと詳細を見る


≫ Read More

スポンサーサイト

| 競馬本 | 18:10 | TOP↑

2007年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年08月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。