中央競馬研究者の今日の競馬ニュース

中央競馬研究者の今日の競馬ニュース

競馬で勝つなら情報収集が必要です。 日々の競馬ニュースから見えてくるものとは?

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | TOP↑

≫ EDIT

現役東大生偏差値80の馬券術

そろそろ秋競馬がはじまる。混戦必死な秋競馬2011になりそうな予感があるが、G1のたびに優勝馬が違うと混沌としたイメージがより浮き彫りになる。果てさてどの馬が年度代表馬になるのか、この秋で決まってくるだろう。
楽しみだが、一競馬ファンとしてはスターホースの誕生に期待したい。


現役東大生偏差値80の馬券術 (競馬ベスト新書)


★★★★☆
データ本だが面白い

レビュー対象商品: 現役東大生偏差値80の馬券術 (競馬ベスト新書) (新書)
データの陳列だけでなくそれぞれの章を受け持つ担当者の競馬への想いがところどころにあって、読み物としても面白い。
知っていて損でないデータが詰まっているが、実際に予想に役立つかは微妙。
直接的でなく、間接的に役立つような感じ?

自分は面白く読めたから★4つ付けたけど、速決速断な予想を期待する人にはどうだろう?

★★★★☆
熱意あるデータの解説

レビュー対象商品: 現役東大生偏差値80の馬券術 (競馬ベスト新書) (新書)
様々なデータを回収率に基づいて語る本。
枠・脚質・血統・天候・ジョッキー・コースなどの幅広いデータを分析しています。
データについて「なぜそういうデータが出てきたのか」をコース形状、馬体、オッズなどから、こちらが納得出来る解説しています。
東大うんぬんよりも、わかりやすく丁寧に順序だっての解説をみると「東大生は頭がいいなー」と素直に感心してしまいました。

様々なデータが載っているので、予想スタイルによっては使いにくいデータもありますが、総じて面白く読めます。
予想本だけど面白いので、5つ星です。

>>もっと詳細を見る
スポンサーサイト

| 競馬本 | 02:02 | TOP↑

≫ EDIT

内田博幸騎手の近況

5月11日に大井競馬で落馬し、頸椎(けいつい)歯突起骨折で長期離脱中の"ウチパク”こと内田博幸騎手がJRAに現状を報告、どうやら無事(?)そうだ。
内田博幸騎手は、2008年に大井競馬場から中央競馬に移籍。移籍したその日の1R目で勝利し、2006年の岩田康誠騎手に次ぐ2人目の「NARからの移籍後初騎乗初勝利」を挙げた。そして翌2009年には最終的に146勝を挙げ、中央競馬の総合リーディングジョッキーとなる快挙をあげた、現役の中でも屈指の明騎手といえる。

後遺症が残らなかったことが本当に何より。早い復帰を目指して頑張っている様子。

| 内田博幸 | 02:38 | TOP↑

≫ EDIT

アドマイヤの近藤オーナーは今年も?

武豊騎手騎乗のアドマイヤムーンが昨年のドバイミーティングでドバイデューティフリーに勝利。その後、香港のクイーンエリザベス2世カップで3着に破れた。皐月賞でアドマイヤオーラの武豊騎手の騎乗に納得がいかなかったのか、アドマイヤの近藤オーナーは10年来の蜜月の関係にあった武豊騎手をおろし、あっさりと岩田騎手にスイッチ。そしてジャパンカップで勝利してアドマイヤムーンは年度代表場に選出。さらに直前にはアドマイヤムーンをゴドルフィンに売却、と近藤オーナーには競馬の話題が絶えない1年だった。

今年の話題はアドマイヤオーラ。騎乗は岩田騎手から安藤勝巳騎手へ変更され、さらに強化。京都記念に勝利し、アドマイヤムーンと同じくドバイデューティフリーへ挑戦し、その後クイーンエリザベス2世カップへも挑戦というローテーションが組まれた様子。

そうして盛り上がってきたところに「アドマイヤキッス」の急死のニュースが飛び込んできた。3歳のときはクラシック全てで1番人気も惜敗。今年2月の京都牝馬特別に勝利(安藤勝巳騎手騎乗)し、さあヴィクトリアマイルでG1戴冠!といった矢先の訃報に関係者も肩を落とす。

まだ今年前半の前半でも近藤オーナー関連、アドマイヤ関連ニュースはたっぷりとある。今年もかき乱してくれそうな予感がする。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080306-00000235-sph-horse

| 競馬予想 | 09:59 | TOP↑

≫ EDIT

岩田騎手が絶好調!

根岸ステークスはワイルドワンダーが勝利
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080205-00000065-sph-horse

2月4日に順延となった東京11R、G3根岸ステークスは1番人気のワイルドワンダーが勝利、G1フェブラリーステークスへむけて絶好調だ。絶好調といえば今年の岩田康誠騎手。すでに重賞は3勝目、全国リーディングを守っている。岩田康誠騎手は昨年、武豊騎手に後半に追い抜かれ、惜しくもリーディングを逃している。兵庫競馬からの移籍3年目、天才と呼ばれた騎手が全国リーディング奪取にむけて絶好のスタートダッシュをきっている。

| 競馬予想 | 08:39 | TOP↑

≫ EDIT

東京競馬が降雪により7年ぶりの中止

東京競馬大雪で中止、4日に代替開催
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080204-00000001-nks-horse

凄い雪・・・。東京競馬場も大雪のためになんと7年ぶりに中止・延期となった。この7年前の東京競馬の中止の際、翌日の月曜日に代替開催され、その日に東京競馬場に言ったのを良く覚えている。ダートの1400m・G3『根岸ステークス』だった。ブロードアピールという8歳牝馬がホクトベガを思わせるくらいの強さを見せ付けていたため、軸に買ったが3着だったと記憶している。
それと雪が降り、中止とは行かないまでも芝が傷むのでレースがダート戦になるということは何度かあった。記憶に残っているのが1998年、東京芝1800m・G3『共同通信杯』も前日の大雪により突然ダートに変わった。かわいそうなのはダートのレースを走ったことが無い馬が何頭かいたこと。そんな競走馬たちはアンラッキーとしかいえない。勝ったのはかのエルコンドルパサー。エルコンドルパサーは共同通信杯の前はすべてダートだったので全く問題なし。たとえ芝だったとしても楽勝だったことは間違いないので、一番不運なのは同じレースにエルコンドルパサーが出ていたこと、なのかも知れない。

| 競馬予想 | 09:59 | TOP↑

≫ EDIT

あの馬は今?

2007年の競馬も残すところあとわずか。有馬記念に向けて有力馬たちは調整に余念の無い状況。ディープインパクトという競馬界の巨星が去った2007年はスターホースを探すのに躍起になっていた感がある。ウオッカというダービー馬がいて、ダイワスカーレットという最強のライバルがいて、と盛り上がったがディープインパクトの穴を埋めるにはいたらず。ダイワメジャー、メイショウサムソン、アドマイヤムーンといった強豪たちもしのぎを削り、「出るべきレースに出た」という印象もあり、まずまず盛り上がった年といえるのではないだろうか。どの馬にもスターホースになるチャンスがあったが、そこはディープインパクトの強烈過ぎる印象が残っている競馬ファンたちには小粒な馬に映ってしまったことだろう。ディープインパクトの余韻はそれほどまでに強烈だった。あの名馬たちは今・・・ちょっと競馬の歴史に触れてみる年なのかもしれない。

「あの馬は今?」ガイド2006-2007
流星社
>>もっと詳細を見る


≫ Read More

| 競馬本 | 08:43 | TOP↑

≫ EDIT

中央競馬・全重賞データファイル (2007年)

秋競馬のメインG1シリーズがいよいよ始まった。秋のG1シリーズは、スプリンターズSは3歳牝馬アストンマーチャンの逃げ切りで幕を開けた。秋のG1に限らず重賞戦線で気になるのは「春の実績馬」VS「夏の上がり馬」の図式。とくに成長期にある3歳馬達のレースでは重要になってくる。このように競馬にはレース傾向というものがある。そういった意味でも過去の競馬データというのは馬券購入時の参考になるし、また競馬を深く楽しめるので競馬データ本は手元においておきたい。

中央競馬・全重賞データファイル (2007年)

>>もっと詳細を見る

≫ Read More

| 競馬本 | 08:37 | TOP↑

≫ EDIT

ウオッカが有馬記念参戦を表明

ウオッカ秋華賞後1走し有馬へ/秋華賞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071004-00000000-nks-horse

牝馬にしてダービー馬のウオッカ(牝3)が暮れのG1有馬記念を目指すことが公表された。秋のローテーションはぶっつけでG1秋華賞に臨み、その後G1エリザベス女王杯かG1ジャパンカップをはさんでグランプリ有馬記念に挑戦する予定だ。
角居厩舎の僚場デルタブルース・ポップロックとの3頭併せという豪華な調教をを行い、1馬身遅れながらもラスト11秒9の伸びを披露。ポップロック・デルタブルースは今週の京都大章典に出走することを考慮してみても、ウオッカの力は一線級であることがわかる調教だ。秋の競馬界はウオッカに注目があつまりそうだ。
ウオッカのオーナーは「この秋は3走」と角居調教師に指示した。秋華賞からエリザベス女王杯かジャパンカップ、その後は有馬記念に向かうという、まさに王道といえるローテーション。春の桜花賞-ダービー-宝塚記念というタフなローテーションと同じかそれ以上のレベルでの戦いになりそうだ。
凱旋門賞への挑戦を断念したウオッカ。復帰第一戦の秋華賞ではダイワスカーレットへのリベンジが注目される。まずここで勝てないようならジャパンカップも断念せざるを得ないだろう。ダービーがピークだったとは思わせて欲しくない、牝馬のスターホースの登場に競馬ファンとして期待したい。

| 競馬ニュース | 09:28 | TOP↑

≫ EDIT

ダイワメジャー 天皇賞秋連覇に臨む

盾連覇へメジャー始動/毎日王冠
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071002-00000004-nks-horse

3歳牝馬の台頭。スプリンターズステークスは、3歳牝馬のアストンマーチャンが勝利した。しかし牡馬たち、古馬たちも黙って入られない。
古馬の大将格、ダイワメジャーの秋のG1戦線が始まる。東京開幕週のメーン毎日王冠(G2)から始動する、現役G1最多勝(皐月賞・天皇賞秋・、マイルチャンピオンシップ・安田記念)のダイワメジャー(牡6)。若いモンには負けてられない。
馬インフルエンザの影響で入厩が遅れたものの、美浦トレセンでは順調に乗り込まれている。一週間前追い切りでは併せ馬で大差先着と王者の貫禄を見せていた。「予定より一週間ほど帰厩が遅れたが、状態はいいしまったく問題ない」と上原師は自信をみせている。昨年同様、毎日王冠から天皇賞秋で5つ目のG1戴冠を目指す。目標は天皇賞。盾連覇へ王者ダイワメジャーが動き出す。

| 競馬ニュース | 08:29 | TOP↑

≫ EDIT

秋のG1第一弾 スプリンターズステークス

フェニックス、春短距離王が一蹴…30日スプリンターズS
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070926-00000010-sph-horse

9/30、秋競馬のG1戦線の第一弾、電撃スプリント戦「スプリンターズステークス」が開催される。注目は今年の高松宮記念(G1)を制したスズカフェニックスだ。スズカフェニックスは史上3頭目の「春秋スプリント王」を狙える今年唯一の馬。同一年に高松宮記念とスプリンターズSを制した馬は、96年のフラワーパークと、01年のトロットスターの2頭のみ。
予定では秋は1800メートルの毎日王冠から始動のはずだったがスズカフェニックスが前倒しでG1のスプリンターズステークスへ方向転換。馬インフルエンザの影響で帰厩が2週間ほど遅れた中でも、橋田調教師はスズカフェニックスの地力を信じて大舞台に臨む。
マイルチャンピオンシップを目標に掲げていたため、毎日王冠からの始動予定が今年のサマースプリントシリーズの勢力を考慮、そしてここ2年勝っている強力な外国馬も馬インフルエンザの影響で参戦がないことなどで路線を変更してきた。

| 競馬ニュース | 08:50 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。